スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚せい剤1.3キロ飲み込み密輸=ナイジェリア人逮捕―成田(時事通信)

 小分けした覚せい剤約1.3キロを飲み込み、ナイジェリアから密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と千葉県警成田国際空港署などは21日までに、関税法違反と覚せい剤取締法違反容疑で、同国人の無職アボ・トビアス・ンゥーラー容疑者(46)=千葉市、起訴済み=を逮捕した。同支署によると、同空港で摘発された飲み込みによる覚せい剤密輸としては、過去最大量だという。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
覚せい剤密輸で邦人拘束=中国青島-2.5キロ所持、厳罰の可能性再び
78歳ドイツ人、覚せい剤密輸=成田空港で最高齢逮捕者
JAYWALK中村被告に有罪=「覚せい剤依存明らか」

火災 民家全焼 2人死亡 山形・鶴岡(毎日新聞)
レクサス・ハンドル設定変更、ズレ90度近くに(読売新聞)
東海道線で人身事故、東京―小田原間運転見合わせ(読売新聞)
<誤認逮捕>時効成立の男性 警視庁が謝罪(毎日新聞)
「大阪を実験に使って」橋下知事、特区構想を力説(産経新聞)
スポンサーサイト

民主山岡氏が請求放棄=新潮社相手の名誉棄損訴訟-東京地裁(時事通信)

 裏金要求疑惑を報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、民主党の山岡賢次国対委員長(67)が発行元の新潮社(東京都新宿区)などに1000万円の損害賠償を求めた訴訟で、山岡氏側が請求を放棄し、東京地裁(大段亨裁判官)での裁判が終結したことが12日分かった。
 請求放棄は、民事裁判に訴えた理由がないことを原告が自ら認める手続き。大段裁判官は10日、山岡氏側の申し立てを認めた。
 訴状によると、週刊新潮2009年3月12日号は「『裏金要求』を告発された『山岡賢次』国対委員長」との記事を掲載。「選挙応援の見返りに費用の支払いを求められた」という栃木県真岡市長(当時)の証言を報じるなどした。 

小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕-福岡県警(時事通信)
普天間、地元の理解が先=党首討論の発言修正-鳩山首相(時事通信)
運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で-福岡地裁(時事通信)
女の子力士も「はっけよい」 わんぱく相撲浦安場所(産経新聞)
国体「インチキしてでも1位」山口県副知事(読売新聞)

図書館が暮らしの課題解決!? 就職セミナーや法律相談、講演会も(産経新聞)

 日々の暮らしの課題解決に図書館を役立ててもらおうと、各地の図書館の動きが活発化している。暮らしに役立つ図書コーナーを特別に設置したり、就職セミナーや弁護士らによる法律相談会を館内で開催したりする例もある。暮らし支援に積極的に取り組む有志の図書館による組織も発足し、図書館同士の連携も始まっている。(森本昌彦)

 ◆調べ物の第一歩

 「ビジネス情報」「法律情報」「健康・医療情報」。東京都港区の都立中央図書館の1階に、こんな名称のコーナーが設けられている。それぞれの分野について調べる際、来館者がアクセスしやすいようにニーズの高い書籍がそろっている。

 ビジネスなら、企業や業界、市場情報をまとめた書籍や資格取得や就職活動に役立つ書籍などが並ぶ。同図書館情報サービス課の重点情報推進担当係長、和田孝子さんは「ここに来れば、調べものの第一歩になるような書籍をそろえています」と説明する。

 書籍の設置方法を工夫しただけでなく、暮らしに役立つ催しも開催。4月23日には法テラス東京と連携し、弁護士による無料の法律相談会を開いた。相談者の待合室には法律関係の図書を設置しているほか、相談の中でも図書館にある書籍を使った問題の調べ方を紹介。会場が図書館という特性を生かしている。

 法律相談以外にも就職活動セミナーや健康に関する講演会など催しはさまざまだ。こうした取り組みについて、和田さんは「図書館はいつでも無料で便利に使うことができる。みなさんの生活の後押しをしたい」と話す。

 ◆自殺対策も

 暮らし支援の動きは全国各地の図書館でも見られる。ビジネスや法律関係のコーナーを設置するだけでなく、独自のユニークな取り組みも実施されている。

 秋田県立図書館(秋田市)は昨年12月、「生きる力を与える本」のコーナーを新設。精神面をサポートするような書籍や苦難を乗り越えた著名人の伝記など200~300冊が並ぶ。自殺防止のため、図書館にできることを考えてコーナー設置を決めたといい、今年1月には子供向けに「生きるってなに?」というコーナーを設けた。

 年金問題や多重債務、離婚などのトラブル別に「生活・仕事の困りごと解決支援マップ」を作成しているのは鳥取県立図書館(鳥取市)。B4サイズのマップで、関連する書籍が館内のどこにあるかを示したり、相談機関の連絡先などを記したりしている。年金の場合、「パンフレット・リーフレット」「法律関連雑誌」「法令を見る」などの種類ごとに分け、書籍の設置場所を説明している。

 今年1月には、同様の取り組みを進めている有志の公立図書館が「図書館海援隊」を結成した。図書館の課題解決支援機能の充実とアピールが目的で、4月27日現在で23図書館が参加。それぞれの図書館の取り組みについて情報交換を進めることで、サービスの充実を目指している。

 ■法テラスも連携へ

 暮らし支援のため、図書館と外部組織との連携も進んでいる。電話による法的な情報の提供などを行っている日本司法支援センター(愛称・法テラス、東京都中野区)は5月、全国の教育委員会と公立図書館に業務の内容などを紹介したポスターを発送する。

 図書館で調べ物をしてもトラブルの解決に至らない場合、さらなる解決方法の一つとして法テラスの存在を来館者に知ってもらうのが狙い。法テラスでできる業務を理解してもらうため、一部の図書館では職員を対象にした研修会を開催。将来的には全国に拡大していく予定という。

【関連記事】
国際児童文学館を橋下知事が視察 「移転間違ってなかった」
電子図書館「利用したい」7割 「紙の本売れなくなる」の声も
東大並み難関大、61歳おばちゃん入学 英語漬け「留学も挑戦」
「つぶやき」を収蔵 米議会図書館
海外の日本人向けフリーペーパー“図書館”が人気

<横須賀男性遺体>死亡後にカード 複数回使われる(毎日新聞)
【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
競輪事業、議会質問で便宜?函館市議ら聴取へ(読売新聞)
<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕(毎日新聞)
マンション火災、隣接小で避難 大阪・東成(産経新聞)
プロフィール

Author:ミスターふじおあかさか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。