スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院での拘束、賠償認めず=患者側が逆転敗訴-最高裁(時事通信)

 愛知県一宮市の病院に入院中、不当な身体拘束を受けたとして、80代の女性側が、運営する社会医療法人「杏嶺会」を相手に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は26日、女性への拘束を適法だったと判断し、病院側に70万円の支払いを命じた二審判決を破棄、原告側の請求を退けた。原告側逆転敗訴が確定した。
 一審名古屋地裁一宮支部は、身体に危険が迫り、ほかに危険を避ける手段がなく、必要最小限であれば、患者の同意がなくても拘束は許されるとした上で、「女性は看護師の制止を聞かずに車いすで出歩き、転倒の危険があった。拘束も2時間だった」と請求を退けた。
 二審名古屋高裁も同様の条件を満たせば拘束できるとしたが、女性に危険はなかったとして、病院の対応を違法と判断していた。 

【関連ニュース】
「混合診療」は保険対象外=がん患者側が逆転敗訴

<元看護師殺人未遂>時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪(毎日新聞)
<わいせつDVD>販売容疑で元組幹部ら逮捕へ 愛知(毎日新聞)
サルにかまれ女児ケガ 茨城・鹿嶋で襲撃相次ぐ(産経新聞)
<原爆ドーム>被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業(毎日新聞)
橋下知事がベトナム主席と会談、友好強化訴え(読売新聞)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミスターふじおあかさか

Author:ミスターふじおあかさか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。